脱毛前後の運動はNG?その理由や与える悪影響と行ってしまった時の対処法

スポーツで脚を見せなければけない、脇が見えてしまう、そんな理由で脱毛をされる方も少なくありません。

確かに運動をするために脱毛というのは悪くないのですが、脱毛後適切な方法を取らないと思いもよらないトラブルに遭うことも決してまれな事ではありません。

今回、脱毛前後の運動についてお話しし、もし誤って運動してしまった場合の対処法や脱毛の目的として多いプールでの対応、いつから運動が大丈夫なのかについても説明していきます。

脱毛前後の運動がダメな理由って?

脱毛前後の運動は基本的にNGです。
なぜなら、脱毛前後の肌に負担がかかりやすく、思いもよらない肌トラブルに遭ってしまうことも珍しくないからです。

ここでは、どうして脱毛前後の運動がダメなのか、どんなデメリットがあるのか、症状が何なのかについてお話しします。

どうして脱毛前後の運動はダメなの?

先に結論を言うと皮膚トラブルの原因になりやすいことが挙げられます。

そうなる仕組みとして、脱毛前後に運動などで体温上昇が起こると、脱毛によって起きた症状にならない程度のわずかなダメージが強くなります。

ちょうど日焼け跡の状態に近いコンディションとなっているのです。
そんな状況で体温が上がっていると皮膚の赤みやかゆみ、時に痛みが生じます。

さらにそこに汗が入っていると炎症は一気に悪化するため運動は好ましくないのです。

脱毛前後の運動のデメリット

脱毛前後の運動のデメリットは、かゆみや痛みなどの皮膚トラブルや赤くなってしまうことによる外見上の問題、また炎症が起きている状態のため、脱毛の前や途中であればそこに施術を行うことができないというデメリットも生じます。

また運動によって疲れた肌に日光のダメージや汗によるダメージが加わるとニキビやシミ、くすみなどあらゆる皮膚トラブルを起こすリスクがあります。

どんな症状がでるの?

症状としては、肌の赤みや痛みが引かない、かゆみの発生、さらに日光や汗が脱毛した肌に当たることで皮膚炎の発生、細菌感染などあらゆる皮膚トラブルの症状が出ます。

程度にもよりますが、将来的にシミやくすみの原因になることもあり得るのです。

このように脱毛前後の肌の状態で体温を上げてしまったり、汗をかいてしまったり、あるいは日光やプールなどの水に触れてしまった場合様々な症状を引き起こす危険性があります。

脱毛前に運動してしまった場合の対処

脱毛後の運動がダメな理由についてお話ししましたが、実は脱毛前に運動をしてしまった場合も問題があるのです。

特に脱毛を受ける当日に運動をしてしまった場合は施術に支障が出るような事態にもなりかねませんし、施術を受けた後の悪影響も心配されます。

ここでは脱毛前に運動してしまった場合の問題点についてお話しします。

脱毛前に運動してしまったらどうなるの?

脱毛前に運動をすると血行が良くなったり、汗をかいたり、あるいは日焼けをします。
また、外気に触れたり運動の種目によっては肌が乾燥した状態になるのです。

つまり、肌の血行が増すなど脱毛の施術を行うのに適した状態ではなくなってしまうのです。
そんな状態で仮に肌に多少の負担がかかる脱毛の施術を行った場合、脱毛後の運動に近い肌のあらゆるトラブルが起きてしまう可能性があるのです。

特に脱毛の数日前に日焼けを作ってしまうと悪影響が大きいです。

何か悪い影響はでるのか?

脱毛前に運動をしてしまった場合の悪い影響として、数日前であれば日焼けが問題になります。
日焼けはレーザー脱毛を行う際にレーザーが毛以外の肌も標的になります。

つまりレーザーが肌に当たり痛みや傷等のトラブルが生じます。

そんな状態ではどんなクリニックやサロンであっても施術の延期など悪い影響が出てしまいます。

当日の運動の場合は、汗をかいた状態や血行が良くなった状態で脱毛を行うと、赤みが引かなかったり、痛みが出るなど肌にも悪い影響が出ます。

このように脱毛前の運動であっても悪い影響が十分出てしまいます。

脱毛前に運動してしまったら対処法はあるの?

 
脱毛前に運動してしまった場合の対処法は、いくつかあります。

まず運動による日焼けの場合ですが、これは残念ながら日焼けが消えるまで延期するのがベストな対処法です。

汗をかいたり体温が上がってしまったら、しっかりとシャワーで汗を洗い流し、体温も上がらないようにぬるめのお湯や冷たい水などで肌を冷却するのも良いです。
なるべく良い状態で施術を受けるように対処するのが良いのですが、運動をしてしまったことをきちんとクリニックやサロンのスタッフに伝えることも大切です。

脱毛後に運動してしまった場合の対処

やむを得ない理由や脱毛したことをうっかり忘れて運動をしてしまう場合もあります。

そう言った状況は脱毛した肌に対して好ましいことではなく、適切な対処を行ったとしてもいくらかのダメージを負う可能性もあるのです。

ここでは脱毛後に運動をしてしまった場合のリスクや影響、対応についてお話しします。

脱毛後に運動してしまったらどうなるのか?

脱毛後に運動してしまった場合、軽いものであれば肌の赤みが消えにくくなる程度なのですが、体温が上がっていたり、新陳代謝が上がって血行が良くなっていたり、あるいは汗をかいていたりした場合、炎症や痛み、細菌感染を起こす可能性があります。

つまり、腫れや痛み、時に発熱を起こす可能性があるのです。

脱毛後の運動だと何か悪い影響はでるの?

脱毛後の運動によって出た症状で今後の脱毛ができなくなる影響も出ますし、炎症や感染が起こった場合は肌への影響も大きく治療の必要も出てくることがあります。

また、それらの症状が将来的にくすみやシミ、肌荒れを引き起こし将来悪い影響を与えてしまうことも考えられるのです。

脱毛後に運動をしてしまったら対処法があるの?

 
脱毛後に運動をしてしまった場合対処法はいくつかあります。
冷たい飲み物やシャワー(お風呂は体温を挙げるのでダメです)などでなるべく早く身体を冷やして、炎症や赤みを抑えます。

シャワーで身体を冷やした後は、身体を優しく拭きます。
強く拭くとダメージを受けている肌が痛みますし、症状が悪化します。
最後に保湿剤を手早く塗って肌の乾燥を抑えます。

もし、症状が悪化するようであれば早めに施術を受けたクリニックか皮膚科を受診することをお勧めします。

脱毛後のプールはどうなの?

脱毛の目的の一つにプールへ入ることを挙げる方も少なくないはずです。

でも脱毛した後にプールへ入るのは問題ないのか疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
ここでは脱毛後のプールについてお話しします。

脱毛後のプールは大丈夫?

脱毛後のプールはいけません。
なぜなら、脱毛後の弱った肌に対してプールは負担が大きいからです。

理由として塩素による肌へのダメージが大きいことで痛みが出ること、プールの水は雑菌がいることで感染する可能性があること、泳ぐと体温が上がることで炎症が起きること、そして日焼けしてしまうと脱毛効果の低下やシミやくすみの原因となってしまうことが挙げられます。

なので、脱毛後にプールへ行くのはよくないのです。

脱毛の前後の運動はいつから大丈夫?

運動をするために脱毛をした人にとって、運動NGというのは全く意味がありません。

もちろん、基本的に時期が来れば自由にできる時がやってくるので、そのタイミングで運動をすればいいのです。

ここでは脱毛前後の運動を行うタイミングについてお話しします。

いつから運動がOKになるの?

運動は脱毛を行う当日や翌日、脱毛後から数日間をさければOKです。
つまり、脱毛を行う前日までと脱毛を行ってから数日後には行っても良いのです。

プールや海水浴はサロンやクリニックでは、脱毛の施術前後から1週間程度であれば問題ないと言われていますから、行く予定があれば余裕をもってスケジュールするのが望ましいです。

ただし、プールや運動に関しては施術前の日焼けは施術が行えなくなることもあるので注意が必要です。

脱毛前後の運動は注意が必要です

さいごのまとめとしては、脱毛前後で運動を行うと施術が行えなくなるばかりではなく、シミやくすみだと将来的に悪影響を与えてしまったり、痛みや腫れ、発熱などで苦しんでしまうこともあります。

脱毛を行う期間は前後とも余裕を持ったスケジュールで施術を受けるのが良いのではないでしょうか。